硫黄山 最新動画

探したい動画のキーワードを入力して下さい

キーワード :

『硫黄山 』を再検索

  •  干し柿手作りキットが人気 手軽だけど 硫黄でいぶす“本格派” 山梨・JA南アルプス市直売所 干し柿手作りキットが人気 手軽だけど 硫黄でいぶす“本格派” 山梨・JA南アルプス市直売所
    ニュース

    山梨県JA南アルプス市が運営する、道の駅「しらね農産物直売所」で、干し柿の手作りキットが人気を集めている。皮をむく包丁があれば簡単にできるが、硫黄で果実をいぶす工程もあり、美しい色に仕上がる本格派だ。「干し柿セット」は、同直売所の出荷者が500円で販売する。セットには渋柿6個、ひも、硫黄と作り方を書いた紙が袋に入っている。作り方には、へたの周りの切り方のこつや、家庭でもできる硫黄でのいぶし方を分かりやすく説明している。JA管内は、あんぽ柿や 全文 日本農業新聞 11月14日07時00分

  •  「メンドンとボゼ」世界が認めた謎多き「来訪神」の正体はなにか ある生き物が関係している、という仮説 「メンドンとボゼ」世界が認めた謎多き「来訪神」の正体はなにか ある生き物が関係している、という仮説
    ニュース

    「来訪神」がつなぐ世界先日、「来訪神仮面・仮装の神々」のユネスコ無形文化遺産登録が決まりました。今回登録された10の文化は、日本海側などの北日本、そして南西諸島などの南日本という広範囲にまたがっています。屋久島の西北と西南に連なるトカラ火山列島(琉球弧内帯北部)の、三島列島(鹿児島県鹿児島郡三島村)とトカラ列島(同・十島村)からは、今回、それぞれ硫黄島の来訪神「メンドン」と悪石島の来訪神「ボゼ」が無形文化遺産登録を受けました。硫黄島の「メンドン」 全文 現代ビジネス 12月02日12時00分

  •  硫黄島近く、海自ボートが転覆 1人心肺停止、油抜き作業中 硫黄島近く、海自ボートが転覆 1人心肺停止、油抜き作業中
    ニュース

    21日午後0時半ごろ、東京都小笠原村の硫黄島近くで、浅瀬に乗り上げた油タンカーから油を抜く作業をしていた海上自衛隊のボート2隻が転覆したと、第3管区海上保安本部(横浜)に通報があった。10人が海に投げ出され全員救助されたが、民間人1人が心肺停止状態という。横浜海上保安部によると、同日午前、山口県下関市の英和運輸の油タンカー「しんみち丸」(3785トン、乗組員11人)が浅瀬に乗り上げた。自衛隊員5人と民間人5人が乗ったボート2隻がタンカーの船体を軽くするための 全文 共同通信 11月21日19時04分

  •  「ころ柿」づくり最盛期 山梨・甲州市 「ころ柿」づくり最盛期 山梨・甲州市
    ニュース

    大ぶりな実と濃厚な甘さで知られる名産の干し柿「ころ柿」作りが、山梨県甲州市の松里地区で最盛期を迎えている。農家の軒先にオレンジ色の柿をつるす「すだれ」が作られ、晩秋の風情を感じさせている。同市によると、ころ柿は天日干し作業で満遍なく日光が当たるよう、ころころと位置を変えて乾かすことから、この名がついた。使われる柿「甲州百目」は重さが百匁(もんめ、375グラム)程度と大ぶり。皮をむいてひもを通し、硫黄で燻蒸(くんじょう)する。軒先につるす期間 全文 産経新聞 11月13日16時12分